子供のIQを上げるには?0から6歳の子育ての中のお母さまへ

「子供のIQが絵本で130になった」といったら信じられますか?

 

これは本当の話です。…IQ(知能指数)は、子供の頭の良い悪いの目安にになるものさしのことをいいます。

子供のIQを上げる

 

IQ130以上は、知能段階によると100人中5名、全体の上位のわずか5%なんです。

 

 

そのIQは6歳頃までに質の良い経験や体験を通して、より多くのシナプスを発達させ、脳の回路のネットワークを育てることで決まると言われています。

 

単に知識を詰め込むだけなら6歳以降でも頑張り次第でできますが、子供のの能力だったり、性格は6歳までの家庭環境が大きく影響してきます。

 

子供の絵本の読み聞かせを通して、良質な疑似体験を数多く詰め込んで、考える力だったり、創造する力、自分で解決できる力を育みます。

 

 

そして、これは絵本や知育おもちゃを使って、ご家庭でママが効率よく伸ばせます。
特に6歳まではスポンジのように吸収していくので、何を覚えさせるかはとても重要です。

 

なぜ、頭の良い子に育てるために絵本や知育おもちゃをオススメするのか?

 

私たち親が子供にできるのは、何かを教えることではなく、子供が自分から学ぶという環境をつくってあげることだと私は思っています。

 

 

ささくれだったアニメや漫画に囲まれて育った子供と、笑顔になる物語に囲まれて育った子供では、どちらが感受性が豊かに育ち、優しい思いやりのある子に育つかは考えなくてもわかります。

 

絵本は、やさしい言葉、美しい言葉、そして幸せになる物語を何度もお子さんにやさしく語りかけてくれます。

 

つまり、絵本で子供の読み聞かせを通して、、自然とお子さんのIQは自然と上がり、頭の良い優しいお子さんに育てることができるのです。

 

TOPへ